ちょいざブログ

ちょっと意識の高い君に贈る雑記ブログ

就活 - IT・SIer

【就活】みずほ情報総研の選考対策、特徴【年収】

更新日:

みずほ情報総研(MHIR)の特徴



事業内容と特徴

みずほFGの情報戦略企業として、グループ内のシステムに関することをリードします。
事業内容は大きく分けてコンサルティング(シンクタンク機能)システムインテグレーションです。

コンサルティングは官公庁向けに各種調査を取りまとめます。コンサルタントとして採用された人は官公庁向けのリサーチが中心になります。
一般的に想像するような経営コンサルティングは行っていないので注意が必要です。

システムインテグレーションはいわゆるSIerとして企業向け大規模システムを構築しています。
こちらはシステムエンジニアとして採用されます。
みずほFG向けの「内販」と一般企業向けの「外販」があり、売上はそれぞれ50%ずつとバランスが取れています。
金融界のサグラダファミリアとして名高いみずほシステム統合プロジェクトもみずほ情報総研が中心となって動きました。
外販に関しても、みずほ銀行のネットワークを利用して案件を獲得することもあり、FGの連携がメガバンク系で一番進んでいます。



勤務地、年収、福利厚生

勤務地

コーポレートスタッフ(人事など)とコンサルタント、システムエンジニアで勤務地が違います。

スタッフとコンサルタントは東京都の竹橋本社で勤務します。基本的に転勤はありません。
竹橋本社は4つある最寄り駅の真ん中に位置していて、どの駅からも10分弱歩きます。
競合他社の日本総研なんかと比べるとビルのデザインも古いのは残念ですね。

システムエンジニアは西葛西、白山、新宿、中目黒にばらけています。
外販が西葛西と白山、内販が新宿と中目黒という住み分けがあるそうです。
新宿のオフィスは本社に比べてかなり綺麗ですね。

ちなみに、ごく少数ですが希望すればみずほ銀行の海外支店でITスタッフとして働けるそうです。
その場合はウォール街等の一等地に勤務することができます。当然海外勤務手当も出るので一段裕福な暮らしができます。

年収

みずほ情報総研は非上場企業のため、正確なデータはありません。
口コミ調査によると、平均700万円弱なのではないでしょうか。

30歳で550万円、40歳で750万円くらいであると予想されます。
ただし、銀行系なので定年は55歳と早い点に注意が必要です。

福利厚生

基本的にみずほFGで共通のものが揃っています。
財形貯蓄支援制度や住宅補助があります。

住宅補助は独身が月44000円、既婚だと月60000円という口コミがありました。
社宅や寮はないため、自分で住居を契約する必要はありますが、非常に生活の助けになる金額です。

各種教育への支援制度も整っており、情報系未経験の学生には資格取得に向けて入社前にオンライン講座を受けさせてくれます。

みずほ情報総研の選考フロー

  1. 説明会
  2. ES、テストセンター、TAL
  3. GD
  4. 一次面接
  5. 最終面接

ES

総研系に共通した事項として、ESは文字数が多いため早めの準備が欠かせません。

主な設問は、

  1. 研究内容(500文字)
  2. 志望動機、キャリアプラン(600文字)
  3. 自己PR(600文字)

の三つです。
このうち重視されるのは二つ目の志望動機です。似た企業の多いSIerでなぜみずほ情報総研なのかを述べましょう。

通過するESには型があります。以下の記事でチェック!

【凡人歓迎】誰でも通過する"わかりやすい"ESの書き方【実績ない学生】

テストセンター,TAL

リクルートのテストセンター(言語、非言語、性格)とTAL性格検査です。

テストセンターはシステムエンジニアの場合はボーダーがかなり低く設定されています。
偏差値50以上を目指しましょう。

TALに関してはよほどのことが無い限り落ちません。選んではいけない選択肢だけ事前に調べておきましょう。

インターン優遇の有無

みずほ情報総研はインターン生に優遇があります。
インターンは志望動機(200文字)だけでの選考となります。

優遇内容は、年度によって違うようですが、GDのスキップや選考の早期化等があります。

みずほ情報総研の学歴、レベル

コンサルタントとシステムエンジニアで大きく難易度が異なります。
コンサルタントは文系の大学院生、理系の大学院生が大きな割合を占めます。
これは、業務内容と研究内容のマッチ度が選考を大きく左右するからです。
早慶レベルの学生が多いでしょう。

システムエンジニアは採用人数が多いため、レベルは一段落ちます。
下は日大、上は早慶とバラエティに富んでいます。

ボリュームゾーンはMARCHだと思われます。
また、文系未経験でもシステムエンジニアとして採用してもらえますので、興味があるなら気後れせず申し込みましょう。

まとめ

みずほ情報総研は、みずほFGの中でシステムに関しては中心的な存在です。
年収は特別高いわけではありませんが、住宅補助を含めて福利厚生は充実しています。

また、「みずほ」の名を冠しているので、一般の人にあまり知られていないSIer業界でも、大手であるということは理解してもらいやすいです。

なぜ「みずほ」なのかを整理し、キャリアプランを描いてから選考に臨むことが求められているでしょう。



地方就活生はホテルにも気を使わなきゃいけない。実体験に基づいてまとめました。

【地方就活生】東京宿泊のホテルは実質二択しかない【上京就活】

-就活, - IT・SIer
-

Copyright© ちょいざブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.