ちょいざブログ

ちょっと意識の高い君に贈る雑記ブログ

就活 - IT・SIer

【就活】ISOL(日本IBMソリューション・サービス)の面接対策、評判【年収】

更新日:

ISOLの特徴や評判

事業内容

ISOLは正式名称を日本IBMソリューション・サービスといいます。
会社名からわかる通り、日本IBMの子会社であり、採用マイページは共通となっています。

事業内容は金融系に特化したシステムインテグレーションです。
前身の企業は拓殖銀行の基幹システムを運用していたため、今でも北洋銀行をメインの顧客としています。
他の大口顧客としては、ゆうちょ銀行が挙げられます。



募集職種

ITスペシャリストとアプリケーションプログラマーの二職種が新卒採用を行っています。

ITスペシャリストは親会社である日本IBMにも同一名称で存在する職種であり、上流システムエンジニアとしての活躍が期待できます。
提案や企画、要件定義、保守運用部分を担当し、経験を積めばプロジェクトマネージャーも任される重要な職種です。
プロジェクトによっては親会社のエンジニアと共に仕事をすることもあります。

アプリケーションプログラマーは、ITスペシャリストの指示に従い、実際にシステムを設計・開発します。
こちらも経験を積めば要件定義等の上流工程をやらせてもらえることもあるそうです。

ITスペシャリストは大卒以上の募集ですが、アプリケーションプログラマーは専門学校や短大卒でも募集条件を満たします。

勤務地や年収

勤務地

ISOLは日本IBMの子会社ですが、実は本社は札幌にあります。
ITスペシャリストの勤務地は札幌、東京、新潟、沖縄のどこかになります。
札幌と東京が二大拠点なので、この二つのどちらかに配属される可能性が高いでしょう。

しかし、ITスペシャリストは客先常駐がメインとなるため、プロジェクトにアサインされているときは顧客企業のシステムセンターで働くことになります。

アプリケーションプログラマーは札幌勤務のみでの採用になります。高額な給料はいらないから札幌から出たくないという人にはおすすめです。
客先常駐もITスペシャリストよりは少ないようです。

年収

ISOLの年収は、非上場企業のため公開されていません。
ITスペシャリストの場合、日本IBMでは40歳で1000万円くらいなことから考えると、ISOLは30歳で530万円、40歳で700万円くらいであると思われます。
ただし、初任給はISOLと日本IBMで差はなく、学士卒で月額254,000円と国内では高水準です。

アプリケーションプログラマーは、転勤のリスクがなく、求められるスキルも下流工程なので初任給は学士卒で204,000円と控えめです。
アプリケーションプログラマーのモデル年収は、30歳で350万円、40歳で450万円、50歳で600万円です。
いくらなんでも低すぎる気がするので、調査結果次第で内容を修正します。

ISOLは目立った福利厚生はなく、住宅補助はありません。札幌は家賃が低いので、会社から二駅で月4万円の物件も探せます。

ISOLの選考フロー

  1. 説明会
  2. ES、ウェブテスト
  3. 一次面接
  4. 最終面接

OfferBoxのすすめ

多くのIT企業はOfferBox上でも積極的にリクルーティングを行っています。
OfferBox経由だと、選考が早く進んだり、一次面接が軽めになるという特徴があるようです。
また、ESが不要のため、すぐに対面選考に進めるのが忙しい就活生にはありがたいです。

ITに興味があって、東京で働くことに抵抗がなさそうなプロフィールを作りましょう。



説明会

ISOLは選考に参加するにあたって説明会への参加が必須です。
インターネットで調べてもあまり情報の出てこない会社なので、業界知識がある場合は、思い切って説明会までは企業研究を一切やらないのもアリです。

ES、ウェブテスト

ISOLのESは文字数が多く準備に時間がかかるため、締切前日に急いで取り組むということにならないようにしましょう。
差別化の難しいSIer業界でなぜISOLなのかという根拠を提示するのが効果的です。

ESの書き方をまとめた以下の記事も参考にしてみてください。

【凡人歓迎】誰でも通過する"わかりやすい"ESの書き方【実績ない学生】

IBMグループは共通のウェブテストを課しています。内容がオリジナルなので注意が必要です。

科目は、性格、計数、数列です。
計数はSPIの類似問題が出ますが、難易度はこちらの方が低いです。正答率8割以上を目指しましょう。

問題は数列です。数列といっても高校で習う数学的な数列ではなく、あくまで規則性クイズです。

例えば、1, 22, 333, 4444,□, 666666 という数列があった場合、答えは55555になります。
良く出るパターンとしては、2, 3, 5, 4, 6,10 のように前の二つを足した数字が次の数字になる数列です。
例では2+3=5と4+6=10に分解できます。

面接

ISOLの面接は二回行われます。一次面接を突破したら次は最終面接です。

キーポイントは、職種ごとの仕事内容の把握とIBMグループへの執着度です。
前者について、「システムエンジニア=プログラミングしている人」みたいな頓珍漢な認識だと確実に落ちます。
SEとPGの違い、アプリケーションをやりたいのか基盤をやりたいのか等をはっきりさせてから臨みましょう。

後者について、正直ISOLがユニークな仕事をしているかと言われればノーです。
しかし、IBMグループというのは他の金融系SIerにはない特色です。
金融分野におけるIBMの無視できないシェアや、親会社と共に仕事をすることで得られる経験等、なぜISOLなのかを説明する材料として、IBMグループであるということは有用です。

ISOLの学歴、レベル

ITスペシャリストの場合、日東駒専~MARCHがボリュームゾーンなのではないでしょうか。
ウェブテストの数列は難問も多いですが、ボーダーはかなり低く設定されています。

選考にGDもないので、学歴に関わらず業界研究さえ怠らなければどの大学でも内定はもらえます。

アプリケーションプログラマーは、専門卒から応募条件を満たすので、最早学歴は意味を成しません。
情報系に興味があって受け答えができれば誰でもウェルカムな状態と言えます。
留学生の内定者も多いです。

まとめ

ISOLは金融系に特化したIBMグループのSIerとして、業界に一定の地位を築いています。
ITスペシャリストの場合、選考の通過しやすさや初任給の高さは魅力的なのではないでしょうか。

ただし、転職前提に入社するとしても、銀行の基幹システムでは最先端の技術を使うことはないため、劇的な年収アップは難しいです。
キャリアプランを明確に持ち、能動的に働ける自信が無い場合は初めからITコンサル等を目指した方が良いかもしれません。



ピックアップ記事

【地方就活生】東京宿泊のホテルは実質二択しかない【上京就活】

【カップル】デートの種類を本気で分類してみた【プラン】

-就活, - IT・SIer
-

Copyright© ちょいざブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.